受付時間:24時間 365日(年中無休)

【施行事例】さいたま市浦和区の方の火葬式

 
この記事を書いている人 - WRITER -

さいたま市浦和区の方のお葬式事例をご紹介します

故人様はさいたま市ではなく、千葉県野田市にお住まいの方でした。

ご長男さんはさいたま市浦和区にお住まいの方でした。

ご長男さんが喪主を務められました。

野田市には故人様のお住まいだったご自宅はありましたが、入院も続いており長らくだれも住んでいない状況でした。

事前にご相談を受けてからご依頼を頂いた事例です。

 

ご逝去された病院は千葉県柏市にある病院でした。

県外の病院へ迎えに来てもらう事は可能か?と事前に相談を頂いておりましたので

お迎えにどのくらい時間がかかるのかを予想してお伝えすることができておりました。

県外の病院へお迎えになる事はよくある事です。

寝台車もタクシーと同じように距離に応じて料金が加算される仕組みになっています。

なるべくご負担にならないように、近くの寝台業者さんにお願いするようにしております。

 

お迎え後は、安置場所にお連れするのですが、事前に決めておりました。

野田市の自宅にご安置となると多少距離もあり現実的ではない事から、ご長男さんのお住まいであるさいたま市浦和区に近い場所でご提案させていただきました。

さいたま市大宮区北袋町に「こころセレモニーホール」という貸し式場があります。

お葬式の日まで安置できる安置所もあり、立地もわかりやすい場所になっております。

 

明け方のお迎えだったため、午前中は少しお休みを取っていただき、午後から葬儀についての打ち合わせを行いました

浦和区にお住まいのため、浦和斎場での火葬を選択されました。

故人様は野田市に住所をお持ちですが、区域外料金にて火葬を行うことができます。

火葬料は7,000円(区域内料金)から56,000円(区域外料金)になります。

事前相談の時点で、故人様の生前の希望で近しい方で送り出すと決められておりましたので打ち合わせもスムーズに決まっていきました。

 

今回はゆっくりお別れをする時間の確保と、ご親族の方がお花を飾ってあげたいというご要望がありました。

こころセレモニーホールにてお花を飾り、シャワー湯灌と納棺式を行い、お別れまでを行いました。

火葬の日に浦和斎場に集まって、火葬の前にお花入れ(お別れの時間)を取り、火葬を行う事もできます。

しかし、火葬場の決まりでお花を飾ることができません。

当日に一気にすべてが行えるのであればいいじゃんという考えもありますが、旅立っていく・送り出していくには順序、区切りをつけていくことが重要だと思います。

 

費用例としては

280,000円(お別れのお花、シャワー湯かん含む)+56,000円(火葬料)=336,000円

浦和斎場での火葬式となりました。

 

さいたま市浦和区、浦和斎場でのお葬式はお任せください

お気軽にお問い合わせください。

 

令和3年版のリーフレットが出来上がりました

仏心葬祭の新しいリーフレット

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です