受付時間:24時間 365日(年中無休)

火葬のみの場合の費用について

 
お葬式の心配をしている
この記事を書いている人 - WRITER -

まず火葬のみとは

儀式を行わず、火葬を行うことです

儀式を行わないというのは仏式でいうと仏弟子にする作法を行わず見送るという事です。

仏弟子にするという事はどのようなことでしょうか

①剃髪(頭を丸めること)

②懺悔(行いを改めること)

③洒水

④帰依(仏法僧に帰依すること)

⑤授戒(戒を守りますということ)

⑥引導(死後の世界に渡される、仏弟子の証として戒名を授かる)

以上の作法が亡くなられた方を仏弟子にする儀式の事です

 

つまり、火葬のみの場合でお寺様を呼ばない場合は上記の儀式を行わない(仏弟子にしない)で見送るという事になります。

しないからといって罰が当たることはありません。

しないよりした方が良いという事です。

 

仏心葬祭では自宅から出棺をして火葬のみを得意としております。

一番オススメは自宅で納棺→お寺様をお呼びして供養(戒名もつけます)→自宅でお花入れ→火葬場に出棺という形です

149,000+30,000(お別れのお花)+180,000(お布施)=約380,000円+火葬場支払い分 で執り行うことができます。

「自宅で家族葬」ということで「予算500,000円以内」という事であれば「お寺様の供養(戒名あり)」でオススメです。

うちの場合はどうだろう?ということであればお気軽にご相談くださいませ。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です